2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

アマゾン

2018年6月17日 (日)

今日は、「デンジャラス・ラン」でした。

今日は、「デンジャラス・ラン」でした。全く予備知識なしで見ました。CIAを裏切った諜報員が実は...って話。なかなか面白かったです、まぁラストはやはりこうですかね。ちょっと甘い気がしますが。ディンゼル・ワシントのよさをもう少し出して欲しかったですが、仕方ないですね。しかし、大きな問題に直面した際に誰を信用するのか、今の道が正解なのか、悩ましいところですね。そんなことを考えさせられました。

2018年6月10日 (日)

今日は、「シン・ゴジラ」でした。

今日は、「シン・ゴジラ」でした。やはりなかなか面白いです。テーマとして津波の後の原発事故が想起されますが、現実は映画のようにはいかない、想定外の事象に対して、映画ではそれなりに精一杯対処しましたが、現実は... 次に来る不条理な災害、首都直下地震、富士山の噴火、東南海沖地震等々... まぁこのレベルのが来たら、ある意味終わりだと思う。

2018年6月 9日 (土)

今日は、「深夜食堂」でした。

今日は、「深夜食堂」でした。なかなかいい味のドラマです。ほっこりみれます、大事件は起こらないけどこんな食堂の常連になりたいですね。骨壷の砂の下りは思わず涙がほろり、で、次のエピソードで裏切られます。

2018年5月28日 (月)

今日は、「魔性の夏 四谷怪談より」でした。

今日は、「魔性の夏 四谷怪談より」でした。ストーリーはハチャメチャでわけわからんし、演技は五月蝿いし、全然面白くも怖くもない映画です。が、しかし関根恵子と夏目雅子を見るための映画としては良いです、二人の美しさはそれぞれ個性があって本当に美しい。中でも夏目の健康的な色気は素晴らしい。あとお化けになったお岩(関根恵子)おばけでも品があり美しい。

あと、いろんな豪華俳優が出ていて、若かりし日を見るのも楽しいです。

2018年5月26日 (土)

最終日

昨日の疲れが出て、へばってる。
とりあえず秋葉原についたが、歩き回る元気が無い。
昨日の行程無理があったと反省。


オタク野郎が、元気にデイパック担いでいるし、
外人がメイドについて店に向かってる。

ちょい野暮用を済ませて、羽田空港


今日は曇ってて、移動中涼しくらくでした。
さて、帰ろう。

2018年5月25日 (金)

静岡から阿佐ヶ谷へ

静岡鉄道で、新静岡から新清水へ




トラブル発生
10年使ってきたキャリーバッグが破損



押せるが引っ張れない。
妙に疲れるし、段差は持ち上げないといけない。
行程半ば、トホホ。

清水から沼津へ

富士山お隠れ。見えない。

沼津、生シラスとアジのドンで昼。



少し歩くと蒸し暑。


御殿場線で松田へ、山の中各停。

松田で新松田へダッシュ。
小田急へ。
新宿へ向かう。
松田駅Suicaで出れず、焦る。

新宿経由で南阿佐ヶ谷に到着、疲れた。

少し休憩して、中野へ


腹ごしらえ


800円

中野といえばブロードウェイ







サブカルの聖地だけの事はあるね。

2018年5月24日 (木)

今日は静岡

2018.5.24
今回は静岡。
一泊します,晴天で暑い。

レンタカーで三保の松原 到着。
快晴である、気持ちいい風が吹いている。
残念ながら、富士山はちょうど雲に隠れてる。
たまに頭がチラッと見える。





その後、特に目的なしで、先端まで行き、三保空港をみて、駐車場でまったり。

夜は沼津寿司、近海もので。

2018年5月19日 (土)

今日は、「アメリカンスナイパー」でした。

今日は、「アメリカンスナイパー」でした。狙撃手ものエンターテナーかと思ったら、超真面目な戦争もので、戦争が兵士個人にどんな影響を与えるかというテーマ。それも実話を元にしている。戦闘しながら安全な日常にいる奥さんとの会話や砂嵐の中の撤収など見所満載で、さらに考えさせられる。途中ダレる事なく最後まで見せるクリントイーストウッドは凄いです。見ておくべき映画ですね。

2018年5月17日 (木)

今日は、「パシフィック・リム アップライジング」でした。

今日は、「パシフィック・リム アップライジング」でした。1作目を見たときは衝撃でしたね。怪獣映画なんてと思ってみていたら、なんかやたら面白かった記憶があります。 ただ、それを期待して本作を見ると、ちょっと拍子抜け。なんか面白くない、いわゆる子供向けの怪獣映画になってる感がします。 前作までは。怪獣映画好きの子供が大人になって、自分が見たい怪獣映画を作ったって感じで、大人が見て楽しい怪獣映画に仕上がっていたけど、本作は観客に向けてどうだ面白いだろうって作ったのでしょうか?

2018年5月13日 (日)

今日は、「シャーロック・ホームズ シャドーゲーム」でした。

今日は、「シャーロック・ホームズ シャドーゲーム」でした。百年以上前のロンドンという事で、絵全体が暗いので陰気な感じを受けるが、ホームズとワトソンの掛け合いは明るい。 話が結構大掛かりでまぁ深刻な感じを出そうとして謎を小出しにしながらもだんだん悪い方向へ、最後は陰謀をなんとか食い止めるが、それには自身の身を捧げる必要があった。と思いきや、明るくエンド?

«今日は、「ナイトクローラー」でした。