2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

アマゾン

2018年2月19日 (月)

今日は、「バニラスカイ」でした。

今日は、「バニラスカイ」でした。久々に見た、やはりダメダメ金持ちボンボンの女たらしの話、コールドスリープ中の夢話があるけど、 基本女たらしの因果応報ものって事でいいのかな、つまらん映画だった。見なくていいです。キャメロンディアスが怖い。

2018年1月27日 (土)

今日は、「君の名は」でした。

今日は、「君の名は」でした。アニメでヒットして話題にもなっていたので見てみたが、良かったです。まず、風景が綺麗、ここまで綺麗に描く必要があるのかと思ってしまうほどに緻密に綺麗に描いてあります。反面、人物は普通にアニメ、そこもまぁ良かったかな。ストーリーも良くできていて、予備知識なくみていたけど、展開にちょっと驚いてしまった。おもしろかったです。ラストはしっかりラブストーリーなんだけど、ファンタジーが勝ってるので、違和感なく観れました。

2018年1月 6日 (土)

今日は、「ブレードランナー」でした。

今日は、「ブレードランナー」でした。新年一発目の映画がブレードランナーである。一度以上見たことのあるものだが、また見たくなり、見てみました、今のCG技術から見るとつたないところがあるものの今見ても、色あせない感があり忘れているところ多々あるので、楽しめました。また新作へのつながりも良くわかりよかったです。もう一度新作見なければ。

2017年12月25日 (月)

今日は、「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」でした。

今日は、「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」でした。二度目、やっぱり攻殻機動隊は面白いですね、いつかはこんな世界に近づくんでしょうか?サイボーグ化はまだまだハードル高いですが、それ以外は近づいている感がありますね。でも、技術が進めば犯罪も高度化してますます訳が判らなくなる。最近のネット犯罪も高度化してきてわけ解らなくなってきてる。自分の口座やスマホ、パソコンがハックされたらと思うと恐怖です。それに対抗するのに対ウイルスソフトを入れている程度なんだから狙われたらイチコロですね。

2017年12月24日 (日)

今日は、「オデッサファイル」でした。

今日は、「オデッサファイル」でした。昔に本は読んだけれど、内容は覚えていなかった。なんか難しい話のような気がしたけれど、この映画で見るとよくわかる。まぁ本と同じかは不明、当時フォーサイスは好きで読んでいたっけな。でも、記者の動機がそこにあったとは、確かにそこまでやるかってのが不思議だったけど、納得の動機でしたね。なかなか見ごたえがあり良いです。

2017年12月17日 (日)

今日は、「墨東綺譚」でした。

今日は、「墨東綺譚」でした。永井荷風の半生を描く、50から亡くなる78歳まで、最期は一人寂しく死んで行くけど、それも自分で選んだもの。しかし、荷風あちらの方が達者で元気だったのですね。まぁ今の時代ではなかなかこんな生き方はできないね。

2017年12月16日 (土)

今日は、「ニック・オブ・タイム」でした。

今日は、「ニック・オブ・タイム」でした。準備周到な知事殺害を駅で見かけた男に娘を人質に実行させようという話。まぁ色々ツッコミどころはあるけれど、主人公のジョニーデップになったつもりで見ていると、結構ハラハラドキドキのクライムサスペンス。純粋に見れれば名作。粗が気になる人には駄作。私は結構楽しめました。

2017年12月12日 (火)

今日は、「シンゴジラ」でした。

今日は、「シンゴジラ」でした。総じて面白かったです。なかなか日本映画もやるじゃんって感じ。ただ、ラストのゴジラの退治の仕方がいまいち納得感がないのと、キャスティングでアメリカの全権大使的な40才で大統領を狙うというキャリアウーマンが石原さとみってどう見てもミスキャストなんじゃないかと思い、引っかかりまくりでした。

2017年12月11日 (月)

今日は、「悪の法則」でした。

今日は、「悪の法則」でした。メキシコの麻薬組織の怖さを映画化しているんだけど、組織がいまいち見えない。あとキャメロン・ディアスは組織の人間ではなく一匹狼的な存在なんだけど、実態がわからない。というわけで、不明点が多いいが悪の法則はわかります。でもまぁ救いの無い映画でした。

2017年12月 7日 (木)

今日は、「アポロ18」でした。

今日は、「アポロ18」でした。アポロ計画は実は18まであったけど、陰謀的に失敗したので、なかったことにされました。その内容は月に未知の生物がいて宇宙飛行士が感染して死んじゃったからでした。その話の持って行き方が記録映像を使ったりで思わせぶりで、なんか楽しめなかったし、総じてつまんなかったです。

«今日は、「レフト・ビハインド」でした。